2009年09月27日

アレルギー検査の結果

IMG_8193.JPG

アレルギー検査の結果がでました

IMG_8204.JPG

全92項目中
陰性53  擬陽性10 陽性29 強陽性0
一般的に30項目以上は多いそうです


ひらめき長文になりますが自分への戒めの為に記録を残します



パールのアレルゲンをまとめました

allergy.gif
*=数値が陰性ギリギリなので要注意

食物アレルギー
・鶏肉 ・アヒル/カモ ・七面鳥 ・羊肉 ・ナマズ
・コーン ・こんぶ ・米 ・玄米 ・オートミール

ビオフェルミンが効かなかったのはトウモロコシデンプンが使われていました

鶏肉は覚悟していたけど、羊と米には驚きました
特に酷い症状があった訳ではないけど小さい頃から
チキンのドライフードが合わない感じがあって
アレルギー用のラム&ライスのドライフードを食べていましたが
1カ月〜2カ月に1回 決まって下痢
2年ほど前から夜だけ手作りご飯にしたら調子が良かったけど
今年夏頃からお腹の調子が治らなかったのはアレルゲンの蓄積が原因だったようです
一連の出来事はアレルギー検査の結果を見れば全て納得できます


IMG_8201.JPG

食物の他 草木のアレルギーも多いです
写真付きの資料をいただいたので照らし合わせてみると
いつも遊んでいる河川敷に生えている草がたくさん載っていました
ここ数年 目を掻く事が多かったのはアレルギー反応でした

今思えばkazが仕事から帰宅すると決まって顔(目)をソファーにスリスリしていました
検査結果を見てわかった事…タバコ 我家は二人とも吸わないので禁煙です
会社と会社の車はタバコ臭いのでkazにもタバコの煙がついてきているのでしょう


検査結果を見ると思い当たることが次々にでてきます

パールの場合 皮膚炎を起こす事は少なく
お腹の調子が悪くなるので注意をしなければなりません

こんなにたくさんアレルギーがあるのに
何でもっと早く検査しなかったのかと思われるかもしれませんが
3歳の頃 目を掻き壊したり耳を痒がったので
当時の病院でアレルギー検査を希望しましたが
まだ3歳でこれから体質が変わる可能性があるという理由で断られました
症状があるのにと思いましたが、すぐに治り軽い症状だったのでそのままに…

今回の検査は今お世話になっている先生に検査を薦められました
検査結果がでてお腹の調子が治らない原因がわかり
先生も『検査して良かったね』と言ってくださいました
ホントに良かったexclamation×2

パールが食べる事の出来るドッグフードは
療養食なので取り寄せていただいています
今後は河川敷の草むらで遊ぶ事を減らし
帰宅後は十分ケアをして今以上に酷くならないように気を付けます

いつも思う事は
なんでもっと早く気が付いてあげられなかったんだろうと後悔ばかりです
長かったけど原因がはっきりわかって良かったです
今後 飼い主としてパールの体調管理をしっかりしていきます

posted by mico at 18:58| パールの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。