2009年09月16日

アレルギー検査

090916b.jpg

お腹の調子が良くなりつつあったパールですが
軟便が治らず6日(日)の夜中に超軟便と鮮血
1時間もトイレを行ったり来たり…ピロピロめ 手強いぞむかっ(怒り)

翌日 パールを連れて病院へ
検便の結果 ピロピロ菌 撃退していました手(チョキ)

じゃ なんで軟便exclamation&question


でんぷん質が大量にでているそうで
なにかのアレルギーによる腸炎かもしれない…そうですバッド(下向き矢印)

春先に目を痒そうにしたりなど
ずっと気にはなっていたので検査をすることにしました
犬のアレルギー検査は5ccの血液を採血して検査します
血液に薬がはいっていると正しい検査ができないので
この日から1週間は心臓とお腹の薬をストップです

貧血になったりしないのだろうか
お薬止めて心臓は大丈夫なのだろうか
心配しながら1週間は長かった

その後 ビオフェルミンを飲んでも下痢をするので
成分を確認すると【デンプン】が使われていましたひらめき
整腸剤なのに今のパールには役立たずふらふら

それでもなんとか日に日にウ○チは良好で安心しました


今日アレルギー検査の採血をしてきました病院

人間にとって5ccは少しなんだけど
パールの腕から採血される血液の量を見ていると多かったもうやだ〜(悲しい顔)

暴れるのでカラーをして右腕は順調だったんだけど
左腕からの採血は私の姿が見えなくなるので不安だったみたいで
体がブルブルブルブル震えちゃってあせあせ(飛び散る汗)

アレルギー検査の結果は通常1週間後ですが連休があるので30日頃
取り合えず結果が来たらファックスしてくれるそうです


今日から心臓のお薬再開
やはり薬を飲んでいない日は気管がウズウズしているみたいでした

もし
また下痢になったら心臓のお薬が原因なので
その時には またまた病院へ行きます

先が見えてきたので本当にヨカッタぴかぴか(新しい)
posted by mico at 13:18| パールの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。